グリーンスムージーダイエットのやり方(実践編)

グリーンスムージーダイエットの効果と魅力が分かったところで、どうやって実践していけば良いのか。その一例をご紹介します。

実践方法は色々な所で様々なやり方が紹介されていますので、自分の生活スタイルに合うようにカスタマイズしていきながら、続けていきましょう!

基本パターン

  • 朝昼晩、1日3回
  • 1回350ml~500mlぐらいを飲む。
  • 1日合計して1~1.5リットルが目安
  • 朝食はグリーンスムージだけにする
  • グリーンスムージーは食前に飲む
  • 昼夕食はタンパク質の摂取を心がける
  • 炭水化物は控える

基本的には、上記を守るだけです。1日1リットル~というと、ちょっと驚くかもしれませんが、普段の水やお茶をグリーンスムージーにしていけば、思ったよりもツライ量ではありません。

仕事や学校など、昼に飲むのが難しいという場合は、朝晩+就寝前の3回にすればOKです。

あまり気負わずに、無理のない範囲で長く続けられるように工夫しながら、実践するようにしましょう。

グリーンスムージーを飲むこと以外のポイント

せっかくグリーンスムージーダイエットを行うのなら、より効率的に痩せていきたいですよね。そこで、朝昼晩の食事をどうすれば、よりスムーズに痩せられるのか、解説していきます。

朝食

朝起きたときは、胃が空っぽなので、一番吸収の良い時間です。グリーンスムージーを食べるようにして、ゆっくりと飲みましょう。

しっかり栄養を吸収させるためにも、スムージー以外のものを食べないようにするのがポイントです。

昼食

昼食はあまりカロリーなど気にせずに食べても大丈夫。出来るなら、タンパク質と野菜をメインに、炭水化物を控えられればベストです。

でも、昼食を控え過ぎて、夕飯の量が多くなってしまうのであれば、昼にしっかり食べておきましょう。

夕食

夜は卵や大豆製品などのタンパク質をメインにしましょう。野菜もなるべく食べる。そして、炭水化物は抑えましょう。

夜のカロリー摂取を抑えることが、ダイエット成功につながります。お腹が空いたらグリーンスムージーを飲むようにして、食べ過ぎないように気を付けましょう。

グリーンスムージー選びは慎重に

ダイエットの成功、失敗を左右するグリーンスムージー。せっかく頑張ってダイエットするのだから、しっかりしたものを選びたいですよね。

ダイエットを成功に導くために

腹持ち・満腹感
空腹対策に腹持ち・満腹感を得られるもの
酵素
ダイエット効果の高い酵素が配合されている
食物繊維
便秘対策と満腹感のために大切な食物繊維
ビタミン・ミネラル
ダイエット中不足しがちなビタミン・ミネラルを含有

ダイエットを成功させるには、これらを兼ね備えたグリーンスムージーが適しています。

空腹による挫折を避けつつ、栄養不足を解消することで、しっかり代謝を高め、効率良くダイエットを行いましょう!

絶対外さない!
ダイエットに最適なスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージー

世界4ヶ国(日本、アメリカ、フランス、シンガポール)でランキング1位を受賞。メディアでも絶賛され、各種通販サイトでも爆発的に売れている大ヒット商品です。

ダイエットはもちろん、アンチエイジングや栄養不足の解消、毎日の健康のために続けたいグリーンスムージーです。


フレッシュライフスムージー

人気ファッションモデル宮城舞さんと、山本優希さんがプロデュースするスムージー。

“キレイに痩せる”をコンセプトにしたダイエット向けのスムージーのため、腹持ちは文句なし。プラセンタなどの美容成分も配合。便秘にならないための乳酸菌など、美容とダイエットにこだわっているのが魅力です。

このページの先頭へ