どっちを選ぶ?市販のグリーンスムージーと自分で作るものとの違い

グリーンスムージー生活をするに当たって、ミキサーを購入して自分でつくるか、市販のグリーンスムージーを購入するかの2パターンが考えられます。

どちらを選ぶにせよ、毎日飲めて長く続けられる方を選ばないと、意味がありません。それぞれに、メリット・デメリットがあるので、自分の生活に合った方法を選ぶためのアドバイスとして、詳しく解説していきます。

自分で作るメリットとデメリット

メリット

  • 好きな野菜、フルーツを選んで作れる
  • 自分の目で見て、新鮮な食材を選べる
  • 作ってスグに飲めるため、フレッシュさが失われない
  • その日の気分で味を変えられる
  • 添加物が無い

デメリット

  • 野菜、フルーツの食材費がかかる
  • 日持ちがしないため、頻繁に食材を買いに行く必要がある
  • 購入できる野菜の種類が限られている
  • ミキサーが必須
  • ミキサーの片付けの手間
  • 作るのに時間がかかる

自分でグリーンスムージを作る利点は、何と言っても新鮮な食材を新鮮なままスムージーにすることが出来る点です。野菜や果物が持つ栄養価を最大限摂取することが出来ます。

しかし、ミキサーの片付けや作る手間、食材を買いに行く必要があります。また、野菜やフルーツをたくさん買うためのコストも考えなければなりません。

市販のグリーンスムージーのメリットとデメリット

メリット

  • 作るのが簡単
  • 栄養価に優れた食材が原料になっている
  • 多くの種類の野菜とフルーツを摂取できる
  • 日持ちがする(賞味期限が長い)
  • 洗い物はシェイカーのみ
  • 自作に比べて安い

デメリット

  • 食材を選べない
  • 添加物が入っている場合がある
  • 野菜から作る場合と比べてフレッシュさは劣る

市販のグリーンスムージーは、コストが安く、作る手間がないことが最大のメリットです。時間のない朝食にも、サッと飲むことが出来ます。

しかし、当然ですが生の野菜やフルーツから作るものに比べて、新鮮さは劣ります。そのかわり、メーカーによっては100種類以上もの食材を使用することで、様々な原料からの栄養素が摂取出来るといったメリットもあります。

重視するべきは長く続けられること

自分で作るにしろ、市販のものを買うにしろ、それぞれにメリットとデメリットがあります。

コストや手間を考えず、グリーンスムージーからの栄養摂取を追及するのであれば、自分で野菜やフルーツを買ってきて、作りたてを飲むのが一番です。

しかし、毎日継続して飲むということを考えると、なかなか難しいというのが現実ではないでしょうか。美容や健康のことを考えてグリーンスムージーを飲むのであれば、最も重視すべきは毎日長期的に飲むことです。

ご自身の生活環境に合わせて、買うか作るかを選んで、グリーンスムージー生活を始めましょう!

このページの先頭へ