グリーンスムージーの効果を高める飲み方

グリーンスムージーで美容や健康効果を得るためには、とにかく毎日継続して飲むということが最も大切です。

ここでは、毎日飲むことを前提に、より効果的な飲み方をご紹介します。

効果的な飲み方

  • 空腹時飲む
  • 単体で飲み、飲む前後30~60分は何も食べない
  • 1日1リットルを目指す
  • 1日に何度かに分けて飲む
  • 野菜4:果物6ぐらいの比率を守る
  • 水分はなるべく水にする
  • 塩や砂糖は入れない

空腹時に飲む

グリーンスムージーの栄養を最大限吸収できるように、空腹時に飲むことをオススメします。グリーンスムージーを朝食替わりに飲むのが良いと言われるのも、胃に何も入っていない最も吸収の良いタイミングだからです。

また、胃が空のとき以外のタイミングで飲む場合も、前後30分~60分は何も食べないでいた方が、吸収率が高まります。

1日1リットルを目標にする

1日コップ1杯でも飲んだ方が良いですが、早く効果を実感したいなら、1日1リットルを目標に飲みましょう。朝昼晩に分けて飲むと無理がありません。

ただ、生の野菜や果物からミキサーしてグリーンスムージーを作る場合、1リットルともなると、かなりの量の素材を用意しなくてはなりません。手間も金額もバカにならないので、市販のグリーンスムージーなども活用しながら、続けられる方法を模索しましょう。

あくまで主役は葉野菜

自分でグリーンスムージーを作る場合、どうしても美味しさを求めてフルーツ類を多くしてしまいがちです。しかし、グリーンスムージーはあくまでも緑の濃い葉野菜をメインにすべきです。

理想的な比率は、野菜4:フルーツ6。
(これでも、かなり青臭い味だと思います。)

ほうれん草や小松菜、チンゲン菜などは、手に入りやすいので葉野菜のベースとして使いましょう。そして、毎回同じ葉野菜を使うのではなく、ローテーションさせることで、より様々な栄養を摂ることが出来ます。

水分はやっぱり水がイイ

たまに味の変化を求めて、牛乳や豆乳などを使っても良いですが、基本的には水が一番吸収されやすいです。また、塩や砂糖を入れると、吸収率が下がるので、飲みづらい場合はフルーツで味を調整して、塩や砂糖に頼らないようにしましょう。

このページの先頭へ