美味しく続けられるのがグリーンスムージーの魅力

体に良いと分かっていても、不味いものは続けるのが辛いですよね…。しかし、グリーンスムージーなら、そんなことはありません!体に良いのはもちろんのこと、美味しく飲めるというのも魅力の1つです。

美味しさの秘密は?

グリーンスムージーは名前の通り、緑色のスムージーです。そう聞くと、なんだか青臭い感じがして、美味しそうには聞こえませんよね。

しかし、グリーンスムージーには、もちろん野菜がしっかり入っていますが、果物も一緒にミキサーで撹拌します。野菜の味を果物でうまく調整することができるのです。青汁のように野菜だけではないので、青汁の味が苦手な人でも大丈夫。

また、最大のポイントは、果物と野菜の割合を「果物6:野菜4」にすること。これがグリーンスムージーの黄金比率となっていて、野菜の味を飲みやすい状態に持っていくことができます。

初心者でも本当に不味くない?

グリーンスムージーに入れる野菜というのは、基本的に葉野菜です。クセのあるモノもありますので、野菜のニオイや味が苦手な人はやはりチャレンジしにくいのかもしれません。

そんな場合には、果物と野菜の割合を少し変えて始めてみるのもオススメです。初心者の人であれば、「果物7:野菜3」の割合にすることで、より一層飲みやすいグリーンスムージーが完成します。

野菜を減らしたら意味が無い?

野菜を減らしたらダメなのでは?と思うかもしれませんが、果物も身体にとって大切な栄養が豊富に含まれています。それに、野菜をたくさん使って作ったグリーンスムージーを無理して飲むよりも、美味しいと感じられるものを、長期的に続けた方が、遥かに効果的です。

また、市販のグリーンスムージーであれば、最初から飲みやすい味にブレンドされています。配合バランスを考える必要なく、美味しく飲むことが出来ます。当サイトの、体験レビューでは、市販のグリーンスムージーを実際に飲んだ感想を紹介しています。各メーカーで味にも様々な特徴があるので、参考にしてみて下さい。

美味しさ重視のグリーンスムージー

自分で作る場合、メインの野菜に「ホウレンソウ・水菜」などを使用すると、割と癖もなく美味しく仕上がります。果物は甘みを含んでいる「桃・バナナ」などを使用するとまろやかな味になります。また柑橘系の「オレンジ・キウイ」などを使うと飲みやすさも増していきます!

これらの素材はグリーンスムージーを美味しく飲む為の基本素材と言っても過言ではありません。毎日フレッシュな野菜と果物を取り入れる事が出来るので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう。

このページの先頭へ