無添加・添加物の少ないスムージー【特集】

市販のグリーンスムージーの最大のデメリットは、添加物が入っていることです。保存料や香料などはもちろん、味を調整するために甘味料や増粘剤など、様々なものが添加されています。

せっかく健康や美容のために飲むグリーンスムージーなので、無添加にこだわりたい。でも、毎日ミキサーで手作りするのは難しい。

そういう人のために、市販されているグリーンスムージーの中で、無添加のもの。添加物の少ないものをまとめました。

母なるスムージー

香料、着色料無添加!砂糖不使用の本格スムージー

葉野菜をはじめ、ブロッコリーなどの野菜と果物を原料に使い、砂糖や添加物で味付けをしていないため、ミキサーで作ったかのような本格的なスムージです。

ただし、大麦若葉や明日葉などの野菜の味をダイレクトに感じるので、美味しくはありません。完全に、健康のため、身体のためと割り切らないと、「マズイ、飲めない」と続けるのが難しいかもしれません。

主要成分

大麦若葉、明日葉、小松菜、ブロッコリー、ほうれん草、食用卵殻粉末、 トマト、にんじん、紫いも、レモン果皮、柑橘物抽出エキス、フルーツ・野菜エキス、植物発酵エキス、難消化性デキストリン

デキストリン
水溶性食物繊維のこと

サンスター おいしい青汁

“ほぼ”無添加!野菜の味が楽しめる

商品名は「青汁」ですが、すりおろし野菜と果物を使用しているので、スムージーと変わりありません。

無添加のうえ、特許製法とリンゴの甘さで、美味しく飲めるのが魅力。青汁とは全くの別物です。

成分表

ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン、クチナシ色素

クチナシ色素
クチナシの果実から抽出した色素。昔から栗などの着色に使用されています。

酵素スムージー美すがた

“ほぼ”無添加!野菜の味が楽しめる

香料、着色料、甘味料無添加。唯一、増粘剤のみ、添加物として使用されています。

野菜の味を、ちゃんと楽しめるスムージーです。どことなく青汁のような味がしますが、バナナの甘みでマイルドな仕上がりです。

成分表

バナナ粉末、難消化性デキストリン、トマト粉末、アルファ化でん粉、大麦若葉粉末、ケール粉末、ほうれん草粉末、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米粉)、増粘剤(キサンタンガム)

難消化性デキストリン
水溶性食物繊維のことです。
増粘剤(キサンタンガム)
食品に粘り気を与えたり、滑らかにするときに使用。

無添加のものと、ほぼ添加物不使用のグリーンスムージーを集めてみました。何十種類と市販のスムージーが販売されていますが、やはり添加物の少ないものは多くありません。

健康のために、安心して飲めて栄養をしっかり摂れるものが欲しいということなら、母なるスムージーを選んでおけば間違いありません。

香料、着色料無添加!砂糖不使用の本格スムージー

無添加や無農薬など、安心して食べられる自然食を中心に取り扱う、タマチャンショップから販売されているのが、母なるスムージーです。

香料、着色料無添加

余計なものが入っていないので、毎日安心して飲むことが出来ます。

安全性が疑われている成分不使用

アスパルテームやアセスルファムKなど、安全性が疑われている人工甘味料はもちろん、砂糖も不使用です。

素材の味を活かして美味しさを追求

味を添加物で誤魔化すことなく、自然素材の持つ味を活かしたスムージー。

原料の味をそのまま活かしているので、他のメーカーに比べて飲みにくいと感じると思います。美味しいグリーンスムージーを求めているなら、母なるスムージーは向きません。

美味しさよりも身体に良いものを、効率良く摂りたい人におすすめです。


このページの先頭へ